ワーキングホリデーと語学留学、どっちのほうが英語力が身につくの?

ワーキングホリデーと語学留学、どっちのほうが英語力が身につくの?

海外留学の中でも人気を集めているのがワーキングホリデーと語学留学です。
どちらもそれなりの滞在期間を設定すれば英会話の上達に役立ちますが、どちらの方が効率的かというと意見が分かれるところです。

 

まずワーキングホリデーは自由度が高く、働きながら英語力アップが目指せます。
国によってワーキングホリデーの制限は異なりますが、ほとんどの国で滞在期間中は自由な時間が過ごせるのが特徴です。

そのため語学学校に通いながら、空いた時間にアルバイトなどで有意義に過ごせます。
現地で滞在費などをまかなえるため、限られた予算で海外留学をしたい方にもワーキングホリデーは最適です。

ただしワーキングホリデーは自由度が高いため、自分で適切なスケジュールを組む必要があります。
ワーキングホリデーでもアルバイトばかりがウエイトを占めていると、語学学校に通う時間が無くなってしまいます。

また、ワーキングホリデーで日本人が多い職場に勤めてしまうと、日本語を使う機会ばかりで海外に滞在している意味が薄れてしまうのもデメリットです。
働きやすさという面では日本人が多い職場を選ぶべきですが、英語力を養いたいのであれば少し厳しくても現地に根差した職業に就くべきです。

このようにワーキングホリデーには長所と短所があります。
語学力を上げるための手段として有効ですが、自分でスケジュールを組むことが苦手な人には向いていないかもしれませんね。

 

語学留学なら効率的に英会話が学べる!

自由度が高いワーキングホリデーに対して、語学留学ならきちんとしたスケジュールにそって英語力を高められます。
例えば当校の場合、プランに合わせてしっかり勉強することで、限られた時間を効率的に活用できます。
さらに適切なカリキュラムが組まれており、個人のレベルに応じた勉強法を取り入れることが出来る点は大きなメリットです。
英語が苦手な方でもスムーズに馴染めるようにカリキュラムを組みますので、気後れすることなく英語を学ぶことができます。

また、マンツーマン指導を実践しているというのも大きな強みです。。
現地の講師とみっちり英語を学べますので、短期間の留学でも英会話をマスターできるのが魅力です。
当校ではマンツーマン指導のほかにもグループレッスンも行っているため、他の学生との交流をすることで英語力をさらに伸ばすこともできます。

語学留学にはこれらのメリットがあり、海外留学が初めての方にも向いています。
当校のカリキュラムは多数あるので、ぜひあなたにあったカリキュラムを探してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA