短期の語学留学でも簡単に英語を身につける10の方法

007e6f75af47f7f46535db95430ec7c8_l
語学留学をしようと思っている方の中には、費用や時間などの面から短期留学をご検討中の方もたくさんいらっしゃるかと思います。

ですが、インターネットなどを見ていると”短期留学では英語は身につかない“と言うようなことを目にすることも多く、その結果「観光メインで楽しんで、ついでに英語もちょっと出来たらいいや…」と言う感覚で短期留学に行かれる方も多いのではないでしょうか?


もちろん、楽しむために行くのも良いのですが、観光で行くなら語学留学でなくても良いですよね。

また、せっかく行くなら「短期だって英語を身につけたい!」というのが皆さんの本音ではないでしょうか?

また、長期留学をしているからと言って、ただそこに居るだけでは、英語は身につきません。

全ては皆さんが“限られた時間の中で何をするか?”という事にかかっているのです。

そこで、今回は「短期留学でも簡単に英語を身につける10の方法」についてご紹介させていただきます。
この方法ならば、きっと皆さんの思い描いている留学を成功させることが出来るはずです。

出発前の準備

1.留学をしてどのスキルを身につけたいのかを明確にしよう!

短期留学とは基本的に3ヵ月以内の留学のことを指しますが、この期間内にたくさんのことを求めても、どれも中途半端に終わってしまう可能性が高いです。

そこで、「Speaking(話す)」「Writing(書く)」「Reading(読む)」「Listening(聞く)」などのうち、どのスキルを伸ばしたいのかを決めておき、それに合わせて留学先でどのように過ごすべきかを考えましょう。

2.目的に合った学校やコースを選ぼう!

一口に語学学校と言っても、その特徴は様々です。

例えば、スピーキングの能力を伸ばしたいなら、1クラスの人数が何十人もいるような学校よりも、マンツーマンや3,4人程度の少人数制の学校を選ぶべきですし、TOEICのスコアを上げたいなら、TOEICに力を入れている語学学校を選びましょう。

3.日本人が少ない語学学校を選ぼう!

せっかく英語を学ぶために語学留学するのに、日本人ばかりでは思ったように英語を学ぶことが出来ないこともあります。

現地に付いたばかりの時には、やる気満々で「英語しか使わないぞ!」と思っていても、やはり日本人だらけの環境では、周りの人も同じように思っていないと自分だけの力で英語環境にするには限界があります。

それならば、初めから日本人の少ない学校を選ぶことをお勧めします。

現地到着後

4.外国人の友達を作ろう!

日本人が留学をする際に最も陥りやすいのが、日本人だけのコミュニティに入ってしまい、結局授業以外では、英語を使う機会がなかったという場合です。

そこで、最初に友達を作る時がその留学を成功させられるかどうかの分かれ道と言っても過言ではありません。

よく外国人の恋人を作ると英語がみるみる上達すると言いますよね。
それは、自分が伝えたいことを英語で伝えなければいけない状況を強制的に作っているからです。

ですので、英語圏でなくとも日本人以外の友達を作ることをお勧めします。

もちろん、「日本人だからダメ!」と頑なに拒む必要はありませんが、一緒にいる時間は減らした方が良いかと思います。

特に、短期留学という短い時間の中で英語を身につけたいと思っているならば、少しそっけないと思われても良いので、“英語環境に身を置く”という事に徹底しましょう。

決して少なくない金額を払って留学に行くのですから、それくらいの覚悟で挑まれた方が良いかと思います。

5.「Don’t be shy!」恥ずかしがらずに積極的に取り組もう!

これは日本人留学生が必ずと言って良い程言われるフレーズの一つです。

授業中手を上げたり、積極的に発言するのが恥ずかしいという方も多いかと思います。

ですが、留学中は皆さんが日本人であるという事は忘れてください。
恥ずかしいという気持ちが、英語上達への道を妨げてしまっているのです。

特に日本人以外の生徒は非常に積極的な方が多いので、それに圧倒されてしまってはせっかくの発言の機会を失ってしまい、ただのお客さんになってしまいます。

そうならないためにも、授業中は「自分しかいないんだ!」という気持ちで積極的に参加しましょう。

6.間違いを恐れずにとにかく発言回数を増やそう!

「文法や発音などが間違っていたらどうしよう…」と思うと、質問などされてもなかなか答えられないという事もあるかと思います。

ですが、英語圏の方からすると、多くの日本人の英語は、話し始めた赤ちゃんや小学生くらいの子供のレベルと同じくらいです。

つまり、間違えて当然なのです。
そこから、どれだけ学んで上達するかが問題なのです。

ですので、間違えを恐れるよりも、何もできないことに恐怖を感じてください。

それに、一度間違えたことは、記憶に残りやすく覚えやすいというメリットもあります。

7.自分だけの単語帳を作ろう!

留学中には、授業や日常生活の中で、たくさんの知らない単語やフレーズに出会うと思います。

そこで、わからなかったものはメモやノート、スマートフォンなどにどんどん書き足していき、1日の終わりに必ず意味と発音を調べるようにしましょう。

そうすることで、自分だけの単語帳が出来上がりますので、何度も見返すことで、知らない単語もどんどん覚えていくことが出来ます。

また、電子辞書を利用される方がほとんどだと思いますが、検索履歴を辿れば、自分が分からなかった単語を見返すことが出来ますので、そちらをメモなどに書き写してみるのも良いかと思います。
英語初心者であればあるほど、語彙力が英語力を伸ばす最大の武器となります。
留学期間は出会った単語を出来るだけたくさん覚えて、英語力をどんどん伸ばしていきましょう。

8.インプットしたらアウトプットを必ずしよう!

授業などで覚えたもの(インプットしたもの)は、実際に使ってみる(アウトプットする)ことで、しっかりと身につけることが出来ます。

習ったことを友達との会話で使ってみたり、就寝前などに状況をイメージして実際に何度も繰り返してみるのもお勧めです。

この時、必ず声に出してアウトプットするようにしましょう。
声に出したものはそこから脳に伝達し、知識として身につきます。

また、習ったことを誰かに話したり、教えたりするのも非常に有効です。
「話す」「教える」という事は、一度自分の中で整理してわかりやすく伝えるという事なので、理解していなければきちんと伝えることが出来ません。

毎日インプットしたものをアウトプットし、それを繰り返すことでいつの間にか何も考えなくても、使いたいときにそのフレーズが出てくるようになるはずです。

9.日常生活のあらゆることを英語で考えてみよう!

留学期間中は、思ったことを全て英語で考えてみましょう。

例えば、可愛い子が居たら「可愛いな~」ではなく「Shi is so cute!」など、何でも良いので簡単な事から始めてみましょう。

人間の思考はそう単純なものばかりでもありませんので、続けていると少し複雑な文章を英語にしたくなることが出てくるかと思います。

ですが、そのような場合は英語上達の絶好のチャンスです。
もしわからなくても、自分に関連することは、自然と学習意欲が沸きますので、積極的に調べたり、使いたくなるはずです。

思ったことは、英語で表現することを習慣にすれば、どんどん英語脳へと切り替わっていきます。
今までは日本語→英語と変換していたものが、思ったことをそのまま英語でパッと思い浮かぶようになります。

ちなみに、寝ている間に英語で夢を見るようになれば、立派な英語脳が育ってきている証拠です。

10.先生やネイティブのモノマネをしよう!

現地では、学校の先生だけでなく、その辺に居るネイティブの人たち全てがお手本です。
とにかく発音や話し方、フレーズやしぐさなど、全てをモノマネしてみましょう。

特に、日本人にとって英語を学ぶ上で一番難しいのは「発音」だと思います。

日本語の場合は、あまり口を大きく動かさなくても話せますが、英語の場合は口を縦・横・左右に大きく開かなければ上手く発音出来ないものもあります。

また、日本語にはない発音も多く、例えば「L」と「R」の違いや、「apple」の「a」や「Thank you」の「th」など様々な壁があるかと思います。

ですが、この発音に関しては、練習するしか上達の道はありません。
ネイティブがどのような口の形で、舌の位置はどこにあるかなど、研究をしながらマネをして、何度も何度も練習してみましょう。

練習をしていると、ある時コツが掴めてその違いもしっかり理解出来るようになるので、それまでは辛いかもしれませんが、お手本となる人がたくさんいるうちに、しっかり身につけられるようにしましょう。

まとめ

さて、今回は「短期の語学留学でも簡単に英語を身につける10の方法」について、ご紹介させていただきました。

この方法を意識して行っていただければ、短期でも十分な成果を出せるかと思います。

もちろん、全く英語を話せない方が短期留学に行ったからと言ってペラペラになるのは難しいと思いますが、留学期間が1年だとしても10年だとしても、努力をしない人はいつまでたっても英語を話せるようにはなりません。

全ては皆さんがどれだけ努力したかにかかっています。
そして、努力は皆さんを裏切りません。

また、短期留学は時間が限られているということから、モチベーションを保ちやすいというメリットもあります。

一生頑張り続けるのは難しいかもしれませんが、期間が3ヵ月程度と決まっている短期留学なら、最後までしっかりと学ぶことが出来るはずです。

大切な資金と時間を費やして留学をするのですから、せっかくなら出来る限りのことをして有意義な時間を過ごし、出来るだけ多くのこと身につけていただければと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA