フィリピン留学の中でもセブ島に人気が集まる理由とは?

b50915880dc60d1feff63605930de36a_m

日本からも近く、欧米に比べても留学費用が安く、マンツーマンレッスンが多いということで、人気を集めているフィリピン留学。

ですが、一口にフィリピンと言っても、様々なエリアがありますが「フィリピン留学=セブ島」というイメージを持っている方も多いと思いますが、実際にフィリピンに留学をする方のほとんどがセブ島を選択しています。

“美しい海でのダイビングも楽しめる”
もちろんこれも魅力の一つですが、皆さんが留学先として選んだ理由は、実はこれだけではありません。

そこで今回は、フィリピン留学の中でもなぜセブ島に人気があつまるのか?その理由についてご紹介させていただきたいと覆います。

フィリピン留学を検討中で、どこのエリアにするか迷っている方は是非ご覧ください。

フィリピンでセブ島以外に語学留学が出来るエリアは?

さて、フィリピンで語学留学出来るのは、セブ島以外にはどのような場所があるのでしょうか?

セブ島の魅力をお伝えする前に、まずはどのようなエリアでどのような語学留学が出来るのかを見ていきましょう。

1.フィリピン最大の都市「マニラ」で留学

フィリピンの首都マニラ。
東京・名古屋・大阪・福岡からの直行便もあり、日本から最もアクセスの良い街です。

こちらはセブに次いで留学生が多く、語学学校が比較的多いエリアでもあります。
さらに、アジア最大のショッピングモール「Mall of Asia(モールオブアジア)」、通称“MOA”と呼ばれる巨大商業施設があるので、ショッピングやレストランなどでの食事を楽しむことが出来ます。

ただし、マニラはフィリピンの中でも治安が悪いと言われており、留学する際にはマニラの中でも安全なエリアをしっかり選ぶ必要があります。

また、他の地域に比べて物価が高いので、留学費用を抑えるためにフィリピンを選択された方は、マニラ以外のエリアを選ばれた方が良いでしょう。

ですが、マニラには世界でも活躍する企業が集まり、ビジネスマンの多いエリアなので、将来的にフィリピンで就職を考えているという方は、コネクション作りや街の雰囲気を体感するためにこちらへの留学をされるという方もいらっしゃいます。

2.高山地帯「バギオ」で涼しく留学

マニラから6~7時間ほど車で行ったところにあるのがバギオです。
標高1500mの高山地帯に位置するバギオは、アメリカの植民地だった頃に避暑地として開発されたエリアで、過ごしやすい気候が魅力です。

年間を通じで20度前後の気温となっており、雨季である6~10月頃には最低気温10度にまで下がり、肌寒いと感じることもあるので、長袖は必須です。

こちらの語学学校の特色としては、山の中にあるエリアのためビーチやカジノなどといった娯楽施設がないので、英語漬けでスパルタタイプの学校が多いということです。

田舎町ですが、大型のショッピングモールやコンビニなどもあるので、生活に必要なもので不自由することはありませんが、Wi-Fiなどのネット環境は都市部に比べると良くはありません。

遊びやネットに誘惑されることなく、ストイックに英語を学びたいという方にはお勧めです。

3.米軍基地の跡地「クラーク」でネイティブ留学

マニラのニノイアノキ国際空港から車で2時間ほどにあるのがクラークです。
かつて米軍基地があったこのエリアでは、当時作られたインフラが整っており、比較的治安も良いです。

また、近くにはクラーク国際空港があるので、週末にLCC(格安航空会社)などを使って台湾や韓国、マレーシアや香港などの近隣諸国に旅行へ行くことも出来ます。

ただし、バギオ同様田舎町なので、ネット環境はあまり良くありません。

このクラークにある語学学校の特色は、米軍基地があった名残で、アメリカ人が多く住んでおり、アメリカ人教師がいる学校も多く、ネイティブから英語を学ぶことが出来るというメリットもあります。

フィリピンでネイティブから学びたいという方はこちらの地域を選んでみても良いかもしれません。

4.日本人が少ない「スービック」でネイティブ留学

マニラのニノイアノキ国際空港から車で3時間ほど行くとスービックに到着します。
こちらの地域もクラーク同様、かつて米軍基地があったということで、アメリカ人が多く住んでおり、ネイティブの教師を採用している学校があります。

田舎町でネット環境はあまり整っておりませんが、このエリアでは他のエリアと比べて日本人が少ないので、学校以外でも英語漬けにしたいという方にはお勧めです。

5.パナイ島「イロイロ」で老舗語学学校留学

マニラの空港から国内線に乗り、1時間ほどで行けるのがパナイ島にあるイロイロです。
こちらは西ヴィザヤ地方の中心都市ですが、地方の田舎町という感じの穏やかな街です。

治安も比較的よく、物価も安いので留学費用を抑えたいならこちらの地域もお勧めです。
フィリピンで早くから英語の語学学校を導入したエリアでもあるので、この辺りの学校は歴史が古いものが多いです。

周りに娯楽などもないので、英語学習に集中したいという方にも良いかと思います。

6.ネグロス島「バコロド」で超格安留学

マニラの空港から国際線で1時間ほどに位置する、ネグロス島にあるバコロド。
このエリアでは、農業が盛んでビーチやカジノのような娯楽施設もないので、勉強に集中することが出来ます。

また、市内には3つのショッピングモールがあるので、日用品などを揃えるのにも苦労しません。

さらにフィリピンの中でも特に物価が安いエリアでもあるので、留学費用を徹底的に抑えたいという方には、お勧めです。

フィリピン留学でセブ島に人気が集まる理由は?

さて、ここまではセブ島以外の語学留学が出来る6つのエリアについて見てきましたが、ここからは、最も人気のあるセブ島について詳しく見ていきましょう。

セブってどんなところ?

フィリピンの中で留学生が最も多く訪れるセブ。
マニラから国内線乗って1時間ほどで到着しますが、東京・大阪・名古屋からの直行便もあるので、日本からのアクセスも良いです。

そして、このエリアは、フィリピン第2の大都市「セブシティ」と世界的にも有名なビーチリゾート「マクタン島」の2つに分かれています。

語学学校のほとんどがセブシティにあり、セブシティからマクタン島までは、車に乗って数十分ほどで行けるため、週末にはビーチでダイビングなどのマリンスポーツを楽しむという方が多いです。

それでは留学先にセブ島が選ばれる5つの理由をご紹介します。

1.勉強と観光でメリハリのある留学生活を送ることが出来る

前述した通り、セブ島の周辺は世界有数のビーチリゾートであり、有名なダイビングスポットも数多くあります。

また、低価格でダイバーライセンスを取得することも出来るので、週末を使ってライセンスを取りに行き、その後もダイビングを楽しむという方も多いです。
ダイビングのスポットはその場所によって見られる魚や珊瑚礁なども違うので、毎回別のスポットに行って楽しむことも出来ます。

このように、平日は学校でしっかり学び、週末は美しいビーチで思いっきり観光気分を味わえるので、週末の楽しみに向けて勉強もはかどり、メリハリのある生活を送ることが出来ます。

2.語学学校の選択肢が多い

フィリピンで最も語学学校が多いセブには、50校以上の学校があります。

その中から「日本資本の学校」「オールマンツーマンレッスンのある学校」「TOEICに特化したカリキュラムがある学校」など、留学する方の様々なニーズに合った学校を選択することが出来ます。

3.教師のクオリティが高い

セブ島には、「マイクロソフト」や「IBM」、「米シティバンク」など世界屈指の優良企業のコールセンターがあります。

そのため、フィリピン人であってもネイティブに近い綺麗な英語を話せる方が多く、そこから英語教師に転職したという方も語学学校の教師を務めています。
ですので、英語ネイティブでなくても、それに近い英語を学ぶことが出来るのも魅力の一つです。

さらに、第二言語として英語を習得した方が教師を務めているので、ネイティブよりもどこを学ぶのが難しいかを知っているというのもポイントが高いです。

同じく第二言語を学ぶ日本人にも、分かりやすく教えることが出来る教師が多いのです。

4.ほどほど都会で治安が良い

セブはマニラに比べても治安が良いだけでなく、物価も安いことも人気の秘密です。
また、マニラ以外の町ほど田舎過ぎず、適度に都会なのでネット環境もそこまで悪くはありません。

さらに、カジノやバー、クラブなどもあるので、ちょっと息抜きをしたいという時にも、遊びに行ける場所がたくさんあります。
日本食が恋しくなった時にも、和食レストランがありますし、その他にもイタリアンや韓国料理、中華料理やタイ料理、もちろんフィリピン料理も美味しいレストランがあるので、色々なお店に行く楽しみもあります。

5.格安スパやマッサージが楽しめる

セブ島はリゾート地ということもあり、低価格でスパやマッサージを受けることが出来ます。
お店にもよりますが、平均的には日本円で1時間500円~1000円程度、グレードのお店でも3000円程度で楽しむことが出来ます。

ビーチも良いですが、たまにはマッサージやスパでリラックスをして身も心もほぐしたいという時にも格安で癒しの時間を手に入れることが出来ます。

また、女性の皆さんには、ネイルサロンなどもお勧めです。

まとめ

さて、今回はフィリピン留学の中でもなぜセブ島に人気が集まるのか、その理由についてご紹介させていただきました。

「安くて質の高いレッスンが受けられ、週末には世界屈指の美しい海でアクティビティも楽しめる」

こんな魅力的な留学先は他にはありませんよね。
英語を身に付けられるだけでなく、たくさんの思い出も一緒に作れるセブ島留学。
もし、どこに行こうか迷われている方は、セブ島に決めてみてはいかがでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA