セブ島留学にはどのくらいの費用がかかるの?徹底検証!

bb88f32e47960401bc523ad883726785_l
英語で語学留学をご検討中の皆さんの中には、欧米など比べて留学費用や生活費が安く、マンツーマンレッスンが受けられることで人気の、フィリピン「セブ島」への留学をお考えの方も多いのではないでしょうか?

ですが、「格安」と言われてはいるものの、実際に留学するとなると、トータルで一体どのくらいの費用がかかるのかが気になりますよね。


そこで今回は、語学学校などへ支払う留学費用などに加えて、生活費や航空券代なども含めて、セブ島へ1ヵ月留学する場合に必要な費用について徹底検証してみました。

※1ペソ=2.5円換算で計算しています。

1.留学申し込み時に支払う費用

入学金(登録料) 15,000円前後

入学金の支払いを持って、正式な申し込みとなります。

授業料(宿泊費・食費) 約4~10万円/週

ほとんどの語学学校では全寮制を採用しており、授業料に宿泊費や食費(基本的には1日3食)が含まれています。

授業料に幅があるのはカリキュラムの内容や、宿泊する部屋の人数やグレードによって異なるためです。
中には、近くのホテルやコンドミニアムなどを寮として使っている場合もあります。

また、留学期間が長ければ長いほど、割引価格が適用され、1週間当たりの料金が安くなる傾向にあります。

海外送金手数料 6,000円前後

日本円で振り込まれた留学費用を、フィリピンへ海外送金する際に発生する手数料です。

日本の銀行口座を持っていない語学学校などでは徴収する場合が多く、中にはかからない場合もあります。

海外旅行保険料 2万円前後~/月

1ヵ月の短期留学であれば、クレジットカード付帯の保険などで十分な場合もありますが、特にアクティビティなどの観光も兼ねて留学に行かれる方は、地域によっては盗難などが多い場所もありますので、万が一に備えて入っておくと安心かと思います。

2.現地到着後必要な費用

SSP申請費用 約6,000~7,000ペソ(15,000~17,500円)

こちらは「Special Study Permit」の略で、外国人がフィリピンで学ぶ際に必ず必要となるもので、これを取得することで観光ビザのみで滞在することが出来るようになります。

また、SSPは学校ごとに代行申請を行うので、現地到着後に現金(フィリピンペソ)でオフィスに支払う事になります。

空港からの送迎の場合には、両替の機会が設けられると思いますが、ご自身で学校まで行く方は、SSP代金分のペソを予め用意しておきましょう。

空港ピックアップ費 約500~2,000ペソ(1,250~5,000円)

空港到着時、空港から語学学校(または宿泊施設)まで送ってくれるサービスです。

ご自身で行ける方は希望しないことも出来ますが、道中ちょっとした観光案内をしてくれたりするので、初めてセブ島に行かれる方にはお勧めです。

また、これから宿泊する寮やホテルまで送ってくれる場合もあるので、大きな荷物を持って知らない道を歩く必要もありません。

教材費 約1,000ペソ(2,500円)

現地で受けるレッスンの際に使うテキスト代や、レベルチェックテストなどの際にかかる費用です。
テキストに関してはカリキュラムによって、必要なものが変わってくるので、選択した授業に合わせて購入してください。

また、学校内でのレベルアップテストを受ける場合や、現地でTOEICやTOEFLなどの試験を受ける場合にも別途費用が必要となります。

共益費(電気・水道代など) 約500ペソ(1,250円)/週

セブ島で実際に生活する際に、必要な電気代や水道代です。
こちらは語学学校によって、実際に使用した分を支払うケースと1週間ごとに決まった金額を支払う定額制を導入している場合の2通りに分かれています。

フィリピンは常夏の国という事で、日本と比べても暑い日が多く、冷房を使う機会が多くなりますので、定額制の方ならば電気代を気にせず利用出来るかもしれません。

ただし、フィリピンでは電気代は日本と同じくらい高いので、使い過ぎは禁物です。

洗濯費 約20~30ペソ(50~75円)/kg

宿泊施設に洗濯機が付いている場合には、ご自身で洗濯することも出来ますが、ランドリーを利用される場合には、別途費用が必要となります。

宿泊施設デポジット費 2,500ペソ(6,250円)前後

寮やホテルなどに入る際、デポジット費用が必要となります。
こちらは日本で言う敷金のようなもので、お部屋などで何か壊してしまった場合にはこちらから引かれます。

ですが、破損などがなければ、卒業時に全額返却される資金です。

交際・娯楽費 1万円~5万円/月

基本的には上記の費用だけで過ごすことが出来ますが、週末は外食をしたり、アクティビティを楽しみたいという方は、少し多めの予算を持っていくと良いかと思います。

あまり贅沢をしない方は1~2万円程度、たっぷりセブ島を満喫したいという方は5万円程がお勧めです。

3.航空券代 往復3~15万円前後

セブ島留学をする際、費用の多くを占めるのが航空券代です。
セブ島留学などでも「1ヵ月10万円~」などと、格安の広告をよく見かけますが、このような場合には、航空券代が含まれていない場合がほとんどです。

そこで航空券代を抑えるためのポイントを3つご紹介いたします。

LCCなどを利用する

ANAやJALなどの日本の大手航空会社よりも、セブパシフィックやジェットスターなどのLCC航空会社やフィリピン航空などを利用するという事です。

ANAやJALなどが8~10万円前後なのに対して、LCCの場合は3~6万円前後、フィリピン航空では6~7万円前後で購入できる場合が多いです。
また、プロモーションなどを狙って購入することでさらに費用を抑えることが出来ます。

ただし、この場合は預けられる荷物の重さや大きさに制限があったり、変更不可などの条件があるので、そちらをよくご覧になってから決めましょう

繁忙期を避ける

日本からセブ島への旅行者や留学生が増える年末年始や春休み、夏休みなどは、語学学校での格安プランが設定されやすい時期である一方、航空会社にとっては繁忙期となるので、航空券の価格が高騰しやすくなります。

ですので、その時期を避けて航空券を取ると、比較的安価で手に入れることが出来ます。
特に、春休みや夏休みが終わる4月・9月頃は狙い目と言えるでしょう。

2か月以上前に予約する

航空券を購入する場合には、直前に予約をするよりも余裕を持って予約をした方が、様々な割引を受けられるので、安くなる場合が多いです。

留学の予定を立てたならば、出来るだけ早めに航空券を手配しましょう。
また、FacebookやTwitterなどで、予め航空会社を登録しておくと、プロモーションなどの情報がすぐに入ってくるので、お勧めです。

場合によっては往復1万円前後で購入できる事もあります。

ちなみに…

2か月以上滞在する場合

2か月以上の留学をお考えの方はこれ以外にも、必要な費用が2つあります。

ACR-Iカード取得費用 約3,000ペソ(7,500円)

こちらは、外国人がフィリピンに2か月(60日)以上滞在するために必要な登録証です。

VISA延長費用 2500~4500ペソ(6,250~11,250円)/月

入国から30日までは、ビザの申請は必要ありませんが、それ以上の滞在になる場合には、ビザを延長するための費用が掛かります。

こちらは延長する日数にも異なりますが、30日延長につき2500~4500ペソとなっています。

また、申請は各語学学校が行いますが、その際には延長費用に加えて別途代行手数料が500~700ペソ(1,250~1,750円)程度発生することもあります。

結局いくらかかるの?モデルプランで留学費用を徹底検証!

さて、ここまででセブ島留学の大まかな費用のイメージが付いたかと思いますが、実際に留学した場合の具体的な費用の内訳をさらに細かく見ていきたいと思います。

こちらでは、出来るだけ費用を抑えて留学する場合のモデルプランについてご紹介させていただきます。

とにかく費用を安くしたい!同室の仲間と一緒に楽しく留学!

申し込み時支払い費用

・入学金 15,000円
・授業料(宿泊費+食費込み) 129,400円
※マンツーマン2時間+グループ2時間の1日4時間のレッスンコース
※宿泊は2人部屋
※食事は平日:朝昼晩+土日祝日:朝
・海外送金手数料 なし

合計:144,400円

現地支払い費用

・SSP申請費用 6,000ペソ(15,000円)
・空港ピックアップ費 1,500ペソ(3,750円)
・テキスト代 600ペソ×2冊(3,000円)
・共益費 1,800ペソ(4,500円)
 ※450ペソ(1,125円)/週×4
・洗濯費(ランドリー使用) 500ペソ(1,250円)
※1週間5kgで計算→25ペソ(62.5円)×5kg=125ペソ(312.5円)/週×4
・寮デポジット費 2,500ペソ(6,250円)
・食費(土日祝:昼晩)2,400ペソ(6,000円)
※1食辺り150ペソ(375円)程度が安く外食が出来る平均価格
※150ペソ×16食分(土日×4週間×2食分)=2,400ペソ(6,000円)
・交際・娯楽費 20,000円

合計:59,750円

航空券代

・航空券代 70,060円
 ※セブパシフィックにて(成田‐セブ 36,500円+セブ‐成田 33,560円)

合計費用

144,400円+59,750円+70,060円=274,210円

という事で、このようなプランであれば、274,210円を目安にご検討されると良いかと思います。

あまり贅沢をせずに、楽しい留学にされたい方は是非、こちらを参考にプランニングしてみてください。

また、今回の航空券代に関してはプロモーションがない場合の金額ですが、過去には成田‐セブ間が往復33,000円などのセールもあり、このようなチャンスを利用出来れば237,150円になり、かなり費用を抑えることが出来ます。

ちなみに、こちらのプランをベースにニーズに合わせて色々なプランを考えてみましょう。

同カリキュラムで一人部屋プラン!

皆さんの中には、一人の方が勉強しやすかったり、知らない人との共同生活が苦手と言う方もいらっしゃるかと思います。

そのような場合には、同じくマンツーマン2時間+グループ2時間の1日4時間のレッスンコースで1人部屋にすることも出来ます。

そうすると、授業料が20,400円UPの149,800円となるので、全体の合計金額が294,210円となります。
1人部屋でも大体30万円前後が目安にされると良いかと思います。

強化カリキュラムで英語漬けプラン!

続いては、本気で英語漬けを目指すため、もっとレッスン数を増やしたいという方の場合です。

マンツーマン6時間+グループ2時間の1日8時間というレッスンコースであれば、2人部屋の授業料が189,500円となり、全体の合計金額は334,310円となります。

本気で英語を勉強したいという方は、ストイックにカリキュラムを組むと35万円前後が目安になるかと思います。

まとめ

さて、今回は人気のセブ島で1ヵ月の留学を行う場合の、実際にかかる費用について詳しくご紹介させていただきました。

費用を安くしたい場合には、「宿泊人数を増やす」「レッスン数を少なくする」「航空券を安く購入する」という3つの方法が有効です。

おおよその目安としては、全部の費用を含めて1ヵ月30万円~40万円程となるかと思います。
ですが、語学留学は安ければ良いというものでもありません。

宿泊施設の人数が多ければ、人との相性もありますし、楽しすぎて遊ぶことばかりに集中してなかなか勉強が出来ない環境になってしまう事もあります。
また、レッスン数が少なければ、1ヵ月では思ったように英語が身に付かないかもしれません。

せっかく他の英語圏の国よりもリーズナブルに留学出来るセブ島なのですから、皆さんがどのような目的でセブ島留学をご検討されているのかをしっかり考えて、ご自身に一番合うと思われる環境を選んでみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA