社会人限定!ビジネス英語を学べる短期留学について

3・社会人限定!ビジネス英語を学べる短期留学について

すでに社会人として働いている方の中には、有給休暇などを利用して海外に短期留学を行いビジネス英語を学ぶケースがあります。
超短期間の留学であれば現在の仕事を辞める事なく短い期間で効率よく学ぶ事ができますので、その後のキャリアアップにしっかりと繋げることができるのですが、なぜ働く中で改めてビジネス英語を学ぼうと考える事があるのでしょうか。

社会人がビジネス英語を学ぶきっかけとは

仕事において英語を用いる企業で働く場合は、あらかじめ大学などで基礎的な語学力を身に付けた上で就職したり、就職後も引き続き国内の語学学校で学びながら働くケースも多くあります。
しかし実際にビジネスの現場で用いる英語は友人同士の砕けた会話とは全く異なり、電話やメールの応対から接客マナーを始めとして、ビジネス上の言い回しや交渉の方法などと、これまでの学習では身に付けることができないスキルが多くある事に気が付かされます。
ビジネスの場で必要になる語学スキルは海外文化に直接触れる中で学ぶ事がもっとも分かりやすく効率良く学べますので、働きながらも短い期間に区切り短期留学する事が多くあるのです。

どのようなタイプの短期留学があるか

社会人向けのビジネス英語が学べる留学については広く知られている訳ではなく、どのようなタイプの留学コースがあるかは一般的ではありません。
留学に関する業者を見る中でもやはり学生向けのコースが多くあるのですが、社会人向けとしては現地の語学学校に通うコースと共に現地の企業で働きながら学ぶインターンシップや、現地コミュニティと交流するボランティアなどもあります。
有給休暇などをまとめて取るとしても1週間ほどに期間が限定される場合もありますが、こうしたコースの中には超短期の留学にも対応してくれる所も多くあります。
また語学学校やインターンシップの場合は一定のプログラムがありますので最低でも1週間などと期間が定められますが、ボランティアの場合はわずか1日から参加できる場合もありますので、個々の事情に合わせてコースを選ぶことができます。
また学習が短い期間に限られたとしても年間で見れば他に休みが取れますのでこまめに現地に向かう事ができ、国内での学習も合わせて行い翌年に再び訪れことでも徐々にレベルを上げていくことができます。
また勤め先の印象としては、業務やスキルアップに繋がる事であれば理解が得られる事もありますので、これまで社員の短期留学などの前例が無い企業にお勤めの場合も臆することなく上司に話しをしてみると良いでしょう。

SNSでもご購読できます。