長期留学と短期留学のそれぞれのメリット

長期留学と短期留学のそれぞれのメリット留学を考えている人が悩みの種になりがちなのが、長期留学と短期留学のどちらを選ぶかです。
長期留学でじっくりと海外に滞在して学ぶのか、それとも適度な期間で集中して学ぶ短期留学を選ぶかで、留学で得られる成果も変わってきます。
そこで、それぞれのメリットを詳しく比較してみました。
どちらが自分の留学プランに適しているのか、得られるメリットを見比べながら考えてみましょう。

長期と短期、留学するならどっちがメリットが多い?

長期留学と短期留学を悩んでいると、どちらがメリットが多いのか気になると思います。
しかし、本当に比べてみるべきなのは、メリットの数ではなく内容です。
つまり、自分が留学で身につけたい能力に対して、留学のメリットがマッチしているかどうか内容を確かめておくことが大切です。

また、留学によって得られる経験値も長期と短期では異なってきます。
必ずしも長期が優れているとは限らず、短期留学だからこそ味わえる体験も少なくありません。
そのため、自分に合った留学プランをきちんと選んで、貴重な留学中の時間を無駄にしないよう取り組みましょう。

長期留学のメリット

学校外にいる時間も長く、本場の言語を身につけることができる。

長期留学のメリットとして第一に挙げられるのが、現地で過ごす時間の長さです。
例えば、学校を出て宿泊先に戻るまでの道のりも、長く過ごしていると本物の言語を身につけるキッカケになります。
通学にバスを使っていれば、行き先表示や路線が読めるようになりますし、乗客の世間話も耳で聞きながら内容が分かるようになるでしょう。
また、長く現地に滞在していれば慣れもあるので、積極的なコミュニケーションを取る余裕ができます。
ひとりでマーケットに出掛けて買い物をしたり、すれ違う人に挨拶をしてみたりなど、現地の雰囲気に慣れていないとできないようなことこそ、外国語をマスターする近道になるのです。
海外留学は学校で勉強することが全てではなく、日常生活の中にも成長の機会があります。
その機会を数多く自然に得られることが、長期留学のメリットのひとつであり短期留学には無い部分と言えるでしょう。

外国人との付き合い方を自然と学ぶことができる。

長期留学していると、現地の人と触れる機会が増えます。
学校内はもちろんのこと、宿泊先やお店の従業員とも日常的にコンタクトすることになります。
なかには毎日のように顔を合わせて、ある程度親密なコミュニケーションを取る人も出てくるかもしれません。
そうなると、互いの関係に垣根が無くなるわけですから、留学してきたお客さんではなくひとりの友人として接してもらえるようになることもあります。
しかし、日本とは違う文化の国で暮らしてきた人なので、付き合い方も自然と変わってきます。
日本では常識なことが通用しなかったり、逆に日本では当たり前のことが海外ではタブーになったりします。
こうして積み重ねた外国での人間関係は日本では得られない経験であり、その後の人生において貴重な財産になります。
国際的な視野を養うことにも繋がりますので、長期留学で外国人との付き合い方を身につけてみるのも良いでしょう。

語学がニガテな人でも、長期間学ぶことで理解しやすい環境

苦手な語学を克服するために留学を考えている人もいると思います。
しかし、苦手意識があると、短期間ではどうしても身につかないものです。
特に外国語のヒアリングが苦手だと、留学を終えて日本に帰ってくると克服する機会が失われてしまいます。
そのため、本気で語学を身につけたいなら、長期留学で外国語を日常的に耳にできる環境に身を置くべきです。
長期留学なら学校の中だけではなく、日常生活でも外国語に囲まれて過ごすことになります。
意識しなくても外国語が耳に入ってくるうえに、目にする物の大半が外国語なので理解力が高まるでしょう。
さらに、日常生活で必要になる会話力も養えますので、語学の苦手意識は自然と消えてしまいます。
苦手な語学の習得を目的で留学を考えているなら、生活の中で身につけられる長期留学を検討してみましょう。

滞在している国の様々な面を見ることができる。

海外留学しても短期間だと、どうしても観光気分が抜けません。
言わば、現地の表面的な部分しか目にできないわけですから、海外文化の深みに触れるのは難しくなります。
しかし、長期留学だと海外の様々な文化を目の当たりにできます。
滞在している期間が長いので色々な場所に出掛ける機会が増えますし、日本との文化の違いを身を持って体験できるでしょう。
さらに、自分が気になった場所があれば、繰り返し足を運べるのが長期留学のメリットです。
同じ場所でも何回か訪れれば違った印象がありますし、その都度新しい発見があるかもしれません。
こうして、海外の文化に密接に触れ合うことで、日本では得られない経験や知識を身につけられるのです。
もし、海外留学で語学以外の部分も学びたいのであれば、チャンスが広がる長期留学を選ぶようにしてください。

短期留学のメリット

なんといっても費用が安い

短期留学のメリットとして一番に挙げられるのが、留学費用の安さです。
滞在する国によって異なりますが、1〜2週間程度なら50万円以内の予算で間に合います。
しかし、1ヶ月以上の長期留学になると、ある程度まとまった金額を用意しなくてはなりません。
そのため、留学したいけれど経済的に厳しいようでしたら、まずは短期留学に挑戦してみましょう。
セブ島などのアジア圏を留学先に選べば、留学費用をリーズナブルに抑えられるので予算が限られている人にもおすすめです。
また、物価が安い国なら、さらに割安に短期留学できます。
費用で留学先を選ぶのがベストとは言えませんが、経済的な負担を減らさなければ安心して現地に滞在できません。
まずは、出費を抑えられる格安な行き先を選んで、海外留学の魅力や雰囲気に触れ合ってみましょう。

仕事などをやめなくても良い

社会人になってからでも、留学するのは遅くありません。
むしろ、仕事に必要な語学の習得や国際的なビジネスセンスを身につけるためにも、海外留学は積極的に取り入れてみるべきです。
しかし、社会人として働いていると、長期留学できるような休暇を取得するのは難しくなります。
働いている環境によっても異なりますが、有給などを含めても1〜2週間の休暇が限界になるでしょう。
そのため、社会人で留学を検討しているなら、1〜2週間でもしっかり学べる短期留学がおすすめです。
短期間で語学をマスターできる集中プランもありますので、1週間程度の休暇しか取れなくても留学は可能です。
また、時間を有意義に使えるようなカリキュラムになっているため、短期留学でも充実した成果が得られます。
日本にいると外国語の習得が捗らないという人や、ネイティブな外国語を身につけたい人にも短期留学は最適です。

観光旅行としても楽しく過ごせる

短期留学というと慌ただしいイメージがあるかもしれませんが、プランによっては自由時間が設けられています。
そのため、海外で勉強するだけではなく、観光を楽しみたい人にも短期留学はぴったりです。
例えば、午前中から午後までが授業時間になっているプランなら、夕方からは自由になるので現地の観光が楽しめます。
クラスメイトと出掛けるのも良いですし、自分が気になっていた観光地に足を延ばしてみるのも良いでしょう。
また、留学プランによってはレジャーも兼ねたアクティビティがセットになっているものもあります。
セブ島ならビーチリゾートやマリンスポーツも満喫できますので、勉強の合間の息抜きにも最適です。
短期留学だと滞在期間が限られてしまいますが、勉強ばかりでは海外留学の醍醐味を体験できません。
観光旅行できるようスケジュールを調整して、海外ならではの魅力に触れあってみましょう。

ホームステイに比べて、ルールが厳しくない

長期留学の宿泊先として多く見られるのがホームステイです。
宿泊費用を抑えながら長期間滞在できるうえに、現地の人たちと家族のように過ごすことで海外文化と触れ合ったり語学の習得スピードが上がるメリットがあります。
しかし、ホームステイには、ある程度不自由が残るのも事実です。
例えば、滞在する家によっては門限が設けられていたり、食事の時間が決められていたりします。
そのため、自分の好きなように海外で行動するのは難しくなるでしょう。
また、ホームステイだとプライベートが制限されてしまうのも難点です。
滞在先の家族はお客さんとして扱ってくれますが、基本的には家族同様の生活スタイルが強いられてしまいます。
つまり、自分のプライベートを貫く時間やスペースは限られていると考えた方が良いでしょう。
対して、短期留学の基本的な宿泊先はホテルになります。
寮のようなホテルだと2人1室の場合もありますが、希望すれば1人部屋に宿泊することも可能です。
したがって、ホームステイのように行動が制限されることはありませんし、現地にいても自分の生活リズムで自由に過ごせます。
滞在費用を抑えながら長期留学できるホームステイも魅力的ですが、ルールの厳しさを考えると短期留学で自由に過ごす方が向いている人も多いと思います。
そのため、海外で伸び伸びと留学期間を過ごしたいなら、短期留学のホテル宿泊を検討してみましょう。

まとめ

長期留学も短期留学もどちらも堪能できるセブ留学

このように長期留学と短期留学には、メリットの違いがあります。
それぞれ一長一短に感じるかもしれませんが、自分が目指している留学プランと合わせて最適なものを選んでみてください。
そこでおすすめしたいのが、長期留学と短期留学のどちらにもマッチするセブ島です。
セブ島は物価が安く滞在費用を抑えられるため、限られた予算でも長期留学が可能になります。
宿泊先のホテルもリーズナブルなところがあるので、ホームステイだと不安が残る人にも向いています。
また、短期留学でもきちんと語学力がアップできるように、綿密なカリキュラムが用意されているのもポイントです。
短期間しか滞在できなくても語学が身につくような授業内容になっていますから、忙しい社会人でも充実した時間を過ごせるでしょう。
観光を楽しめるよう自由時間も設定されているので、セブの雄大な自然を満喫できます。
海外留学する際には滞在先で迷ってしまうかと思いますが、セブ島なら生徒のニーズを満たしたうえでリーズナブルに留学できます。
長期留学と短期留学のどちらにもフィットしているので、海外留学を考えているならまずはセブ島のプランからチェックしてみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA