フィリピンの英語力はどれくらい?日本よりも優れているの?

3・フィリピンの英語力はどれくらい?日本よりも優れているの?

英語圏の中で最近語学留学先として人気の高いフィリピンですが、実はフィリピンの英語力は非常に高く、日本人よりも優れています。
なぜフィリピンの英語力が日本よりも優れているのか、その理由が分かればフィリピンに語学留学するメリットや意義を感じることができるでしょう。

世界トップクラスのビジネス英語力

フィリピンの英語力の高さを証明する調査には、アメリカで2012年に行われたものがあります。
この調査では様々な産業の従業員に対して78か国13万7000人のビジネス英語力を測りました。
日本は50位なのに対し、フィリピンは母国語を英語とするアメリカを抜いて1位だったのです。
なぜここまでフィリピンの英語力が優れているのかと言うと、フィリピンでは英語を公用語としており、小学校に上がるころから理科、数学を英語で学ぶからです。
学年が上がれば徐々に英語の使用範囲は広がっていき、やがて母国語よりも英語を使用する頻度が多くなっていきます。
授業に自然に英語を取り入れ、その量を増やしていくことでフィリピンの人々は自然と英語を身に着けていくのです。
フィリピンの家庭も子供にいい教育をと考えることが多いため、小学校に上がる前から家で英語を使います。
実際にフィリピンの学生に効くと幼いころから2つ以上の言語を親から教えられてきたためどの言葉を使っても全く違和感がなく、無意識のうちに英語も母国語も使っているのだそうです。

フィリピンに行けば自然と耳にする英語

フィリピンに行くとどこに行っても英語を聞くことができるのは、どこにでもあるファストフード店やスーパーでも店員が英語で話すからです。
もちろんなまりもありますし、人によって英語が得意、不得意という差はありますが、日本に訪れるネイティブと変わらない発音をしたり、英会話をしたりする人も大勢いるのです。
実際にフィリピンに語学留学をした人は、留学前は一言三言の会話しかできなかったものの、帰国後はスムーズな会話ができるようになり、10分でも20分でも楽しめるようになったと言います。
もちろん聞く能力も向上したのですが、ポイントは町中の会話を楽しむことだと言います。
その理由こそ、街中には英語を話すフィリピンの人が多く、自然と自分の身になるからなのです。
今やアメリカを抜いて世界で最もビジネス英語能力が高いと認められたフィリピンへの語学留学は、フィリピンの自然や環境を楽しみながら英語能力の向上を図ることができるでしょう。
語学留学を考えている方はフィリピンについて一度調べてみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA