海外旅行・留学で持って行きたい、持ち込みOKな薬まとめ

海外旅行・留学で持って行きたい、持ち込みOKな薬まとめ
海外旅行・留学で持って行きたい、持ち込みOKな薬まとめ

海外留学の際には薬の用意が欠かせません。
日本にいる時と違って、いざという時にすぐに薬が手に入るとは限らないからです。
あまりにも大量の薬を持ち運ぶわけにはいきませんが、必要最低限の用意はしておきましょう。
そこで、海外旅行や留学で役立つ薬についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

海外・留学で持って行きたい持ち込みOKな薬まとめ

機内持ち込みは、必要量ならOK!

常用している薬がある人だと、スーツケースに入れておくだけではなく機内に持ち込む分の薬も必要になります。
もしスーツケースを紛失してしまうと、常用薬が手元から無くなってしまうためです。
そこで、機内に薬を持ち込む際の注意点ですが、錠剤などは透明なビニール袋に入れておきましょう。
空港の手荷物検査などで薬の中身を聞かれた時に、分かりやすく説明できるようにするためです。
もし心配なら医師に英語で書かれた処方箋を出してもらうと良いでしょう。
また、市販の錠剤であればパッケージや箱も持参しておくとベターです。
海外の空港でも日本語で対応してくれるスタッフがいますので、持ち込んだ薬がどのような種類か説明しやすくなります。
あまりにも大量の薬を持ち込むと危険物と見なされるおそれがありますが、常用薬ならビニール袋に入れておけば問題なく手荷物で持ち運べます。
手元に薬が無くて不安を感じないためにも、しっかりと用意してから手荷物に薬をしまっておきましょう。

風邪薬編

基本的に錠剤であれば風邪薬の機内持ち込みは問題ありません。
海外で風邪をひいてしまった際に、日本の薬が手元にあると安心ですから風邪薬も用意しておくと良いでしょう。
ただし、国や地域によっては薬の持ち込みに厳しいところもありますので、機内に薬を持ち込む際には薬の種類や名前を英語で書いたメモを用意しておいてください。
また、液体の薬の持ち込みは海外では厳しい傾向にありますので、なるべく風邪薬は錠剤のもを選ぶようにしましょう。

整腸・胃薬・下痢止め編

海外留学に欠かせないのが整腸・胃薬・下痢止めなどの常備薬です。
日本とは違った食生活や環境になりますので、予想外の体調不良に備えるための薬は必須になります。
特に日本とは水質が違った国に出掛けると、思わぬ腹痛などに見舞われてしまうので常備薬を用意しておきましょう。
まず、荷物に用意しておくべきなのは、下痢止めなどの薬です。
食べ物や水であたってしまった際でも、下痢止めがあれば体調の回復に役立ちます。
必ずしも使う機会がある薬ではありませんが、万が一の場合を考えて用意しておきましょう。
次に、整腸薬も海外留学で必要になる薬です。
便秘や軟便など胃腸の不良に見舞われた際でも整腸薬があれば安心です。
環境が変わると胃腸の調子が崩れてしまいがちな人は、忘れずに整腸薬も持っていくようにしましょう。
また、普段飲んでいる胃薬があれば海外留学の際に用意しておいてください。
日本での食生活とは異なり、海外では脂っぽい食事が続くことがあります。
短期間の留学でもいつもと違う食事が続けば、胃もたれや胸やけの原因になりかねないので胃薬があれば安心です。
特に水なしでも服用できる胃薬があれば、海外でもすぐに薬を飲めて便利です。
海外留学では日本と異なる生活環境になることを見越して、整腸・胃薬・下痢止めもしっかりと用意しておいてください。

酔い止め編

海外に出掛ける際には長時間の飛行機移動がありますので、乗り物酔いがひどい人にとってはツラく感じるでしょう。
さらに、現地に着いてからバスや車で移動することもあるため、酔い止め薬は必須になります。
そこで、酔い止めを用意するのはもちろんですが、日本を出発する前に服用しておくと良いでしょう。
酔い止め薬の中には半日ほど効果が持続するものがあるので、ある程度の距離ならば日本で服用しておくことでカバーできます。
もし飛行機に酔い止めを持ち込む際には、液体のタイプではなく錠剤を選びましょう。
液体の機内持ち込みは制限が付く航空会社が多く、錠剤の方が安易に手荷物として持ち込めるためです。
最近では耳の裏に貼るテープ状の酔い止め薬もありますので、そちらを持参する方が持ちこみ時のトラブルは少なくなります。
普段は乗り物酔いをしない人でも、日本と異なる海外の環境では疲れや緊張で乗り物酔いを引き起こしてしまう可能性があります。
いざという時に困ってしまわないためにも、酔い止め薬を準備して万全を期しておきましょう。

虫刺され編

海外では日本ほど衛生面に気を使っていないホテルも多いので、虫刺されのリスクが高まってしまいます。
蚊やダニなどでも日本よりも毒性が強い場合があるため、虫刺され薬も用意しておくと良いでしょう。
まず、定番となる虫刺されの塗り薬が必要です。
液体や軟膏のタイプで構いませんが、機内持ち込みには制限が付くのでスーツケースの中にしまっておきましょう。
なかでもおすすめするのは、局所麻酔剤や抗ヒスタミン剤が入ったかゆみ止めの薬です。
海外特有の虫刺されで強烈なかゆみがあっても対処できるため、いざという時に役立ちます。
また、虫刺されを予防するための虫よけグッズも準備しておきましょう。
リキッド式の虫よけなら部屋で使えますし、電池式なのでコンセントの心配もありません。
1つあれば半年以上持つタイプの虫よけが多いので、ある程度の留学期間なら問題なく使いこなせます。
この他にも虫よけスプレーや腕に巻くベルトタイプなど、手軽に使える虫よけグッズが多数あります。
海外ではアウトドアレジャーを楽しむシーンが多くなるので、虫刺され薬や虫よけを用意しておくと不安なく満喫できます。
なるべくかさばらないものを選んで、虫刺されの被害に備えておきましょう。

ケガ編

海外留学では病気だけではなくケガに対する備えも必要です。
安全な環境で勉強していたとしても、どのような事態が起こるか予想できないためです。
特にレジャーも兼ねて海外留学するのであれば、ちょっとしたケガの可能性があるので準備を怠らないようにしましょう。
まず、消毒薬や絆創膏などは切り傷や擦り傷の治療に必須です。
山や海などで遊んでいるとちょっとしたケガは珍しくありませんから、準備しておくと安心です。
また、アウトドアレジャーの際には足の捻挫も良くあります。
そのため、湿布薬やテーピングなどを用意しておくと良いでしょう。
捻挫程度だと医師に掛かるほどではありませんので、自分で対処できる湿布薬やテーピングがあると便利です。
この他にも筋肉痛などに使う消炎鎮痛剤など、持っていると便利なものがあります。
海外留学で大きなケガをするリスクはあまりありませんが、軽いケガなら比較的起こりえるため自分で治療できるように準備しておくと安心です。
それほど荷物になるものでも無いので、スーツケースの中に入れておきましょう。

まとめ

海外留学の際には、必要となる薬を日本で用意して持ち込むのが基本です。
もし海外で病気やケガに見舞われた際に、現地で薬を調達するのは難しいためです。
また、海外の薬は外国人の基準に合わせて作られていますので、日本人の体質には合わない可能性があります。
なかには強い作用を持っている薬もあるため、日本で購入した薬を持っていく方が無難です。
特に常用薬がある人は、英文で書かれた処方箋など日本で用意する物が増えるので注意しましょう。
英文の処方箋は医師に海外へ出掛けることを伝えれば作成してもらえますので、日本を出発する前に病院へ足を運んでおいてください。
海外留学してから困ってしまわないためにも、様々な場面を想定して薬を準備しておきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA