英語圏への留学、おすすめの国をご紹介!

10・英語圏への留学、おすすめの国をご紹介!

英語圏の国への留学では様々な選択肢があるのですが、その中でもイチオシのおすすめの国についてご紹介致します。

北米・ヨーロッパ

まず英語圏への留学で真っ先に挙げられるのはアメリカ合衆国やカナダで、日本から訪れる学生は非常に多く存在します。
アメリカ合衆国は特徴として世界の様々な人種が集まり成り立つ多民族国家ですので、英語についての教育研究が盛んに行なわれており、指導法が発達している事が大きなポイントとして挙げられます。
またいわゆるアメリカ英語は世界的な共通語として広く使われており、現地で同国の文化と共に学べる事には大きなメリットがあります。
また自然環境が豊かな土地柄で観光するのにもスポーツをするのにも適しており、エンターテイメントも様々ありますので勉強の疲れを癒す事もできます。

続いて同じ北米大陸にあるカナダもまたおすすめの国として挙げられます。
同国はアメリカと国境を接しており文化や環境なども含めて非常に似通っているのですが、教育水準はアメリカよりやや高いケースもあります。
この点は学校により違いがありますので一概には言えませんが、アメリカの大学ではTOEFLのPBTテストでスコアが500ほどあれば入学できるのに対し、カナダの大学は最低でもおよそ550からになりますのでやや難易度が増します。
カナダもまた様々な民族から形成されていますので異文化に対しては比較的に寛容で、また同国では公用語としてフランス語も採用していますので、余裕があれば英語と共にフランス語を学ぶ事もできます。

オセアニア・アジア

また英語圏の国に関してはイギリス連邦に属する国としてオーストラリアやニュージーランドから、フィジーやフィリピンなどもおすすめの国として挙げられます。
オーストラリアやニュージーランドなどはほぼ欧米文化の国ですので英語を学ぶにはうってつけの土地柄であり、北米などと比較すれば比較的に安価に留学できる点が大きなメリットです。
またフィジーとフィリピンは教育体系がしっかり整えられている一方で価格がもっとも安い点に大きな魅力があり、費用をかけずにしっかり学習することができます。
またそれ以外ではヨーロッパでイギリスやアイルランドもまた英語圏のおすすめの国として挙げられます。
イギリスは英語発祥の地であり文法について厳しく、またアイルランドは比較的に日本人学生が少ない事から学習に没頭したい場合におすすめで、いずれも英語力を大きく伸ばすことができます。

SNSでもご購読できます。