フィリピンって英語になまりがあるってホント?

1・フィリピンって英語になまりがあるってホント?
英語を母国語としていることで広く知られるアメリカやイギリスでも、地域によってなまりがあることが知られていますが、フィリピンでも同じくなまりがあります。

フィリピンの母国語は英語ではない

フィリピンでも英語は通用しますが、母国語は英語ではないためフィリピンの英語にはなまりがあります。
多くの方がフィリピンは英語がメイン言語と思っているようですが、実は小学校から授業で使われる公用語が英語であるというだけで、フィリピンにはタガログ語など現地人が使う母国語があります。
現地の人同士は母国語で行いますから生まれたときから英語を聞いているわけではないので、発音などはどうしても現地語のイントネーションが主体となるのです。
そのためフィリピンの英語はタガログやセブアノといったなまりが生じます。
ただしフィリピンは東アジアの中で最も大きな英語国家ですから、英語教師の中にはネイティブと変わらない発音をする先生もいますし、留学経験のある人もたくさんいます。
日本人が聞いただけではフィリピンの人が話していると分からないくらいきれいな発音をする人も大勢いるのです。

フィリピンは語学留学先として最適か

フィリピンに語学留学をしたらフィリピンなまりが移ってしまうのでは、正しい発音が身につかないのではと心配する人もいます。
確かに正しい発音に触れることは大切ですが、語学留学で大切なことはコミュニケーションをとるための英語を身に着けることです。
実はフィリピンだけではなくイギリスやアメリカに行ったとき、コミュニケーションを取るのに必要となるのは発音が正しいことではなく、相手に発音が通じることと言われています。
発音が70%合っていれば、100%正しい発音でなくてもコミュニケーションは十分にとることができるのです。
またフィリピンはアメリカの植民地でしたからアメリカ英語を学ぶ日本と共通する点が多々あります。
高等教育を受けていない人でも英語を話しますし、大学まで卒業しているフィリピンの人は美しい発音の英語を話します。
語学留学をするなら欧米の方がいいのでは、と考える人もいますが、フィリピンは同じアジア圏内ですから文化も理解し合える部分はありますし、映画も字幕がありませんから勉強の場があちこちにあふれています。
リゾート地として知られるセブ島にはアメリカ人も多くいますので、英語に触れる機会は非常に多いです。
フィリピンの英語には母国語を主体としたなまりがあるものの、現在は美しい発音で英語を話す人も多く、アメリカ人を見かけることも多いことから、日本人にとってフィリピンは語学留学先には最適と言えるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA