ワーキングホリデーと短期語学留学の違いとは?どっちがいい?

46ddd9ebab4f81efa18ac73dc48fa7f4_m

「英語を習得するために海外に行きたい!」
そう思われている方は少なくないと思います。

ですが、色々調べているうちに「語学留学」と「ワーキングホリデー」という2つの方法があり、どちらが良いか迷われているという方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はワーキングホリデーと短期語学留学の違いと、英語を身に付けるためにはどちらが良いのか?ということについて、ご紹介させていただきます。

ワーキングホリデーって何?

さて、まずはワーキングホリデーとはどのようなものなのかをまず見ていきましょう。

ワーキングホリデーは通称「ワーホリ」と呼ばれ、日本と協定を結んだ国の文化を理解するために、その国で休暇を楽しみながら、滞在期間の生活資金を補うために一定の就労をすることを認めるという制度です。

ワーホリビザを取得することで、その国で「学ぶ」「働く」「暮らす」ことが出来、他のビザと異なり、どのように過ごすかを自由に選択することが出来るのが特徴です。

また、このビザを取得するには18歳~30歳までという年齢制限があり、生涯で一度だけ取得することが出来ます。

基本的には、ビザの期間は1年となっていますが、国によっては180日や半年、2年となっており、延長が出来る国もあります。

ちなみに、日本はでは1980年にオーストラリアと初めてワーホリ協定を結び、その後ニュージランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、オーストリアとも協定を結んでいます。

現在は、上記の16か国となっていますが、イタリア、スペイン、ハンガリーなども導入する可能性があり、今後もワーホリ制度を利用できる国が増加していくものと思われます。

語学留学とは?

語学留学とは、その名の通り語学を取得するために、海外の学校に通うことを言います。

語学留学の場合、期間によって観光ビザのみで滞在出来るケースと、学生ビザが必要なケースがあり、それは国によっても異なります。

例えば、カナダに語学留学する場合には、6カ月以上の滞在期間であれば学生ビザが必要ですが、6カ月以内であれば必要ありません。(期間中インターンなどが含まれる場合にはビザが必要となります)

また、オーストラリアの場合には、3ヵ月以内であれば学生ビザは必要ありませんが、「ETAS」という観光ビザは必要になります。

このように、国によって必要なビザは異なりますので、留学期間に合わせてどのようなビザが必要になのかをそれぞれの国の大使館のホームページなどをチェックして確認することが出来ます。

ワーキングホリデーと短期語学留学の違いとは?

さて、それではここからは、ワーホリと短期留学の違いについて見ていきましょう。
これらの違いは主に以下に挙げる3つがあります。

1.事前に準備する資金の違い

ワーホリと短期語学留学で最も違う点は、事前に準備しなければならない資金です。

語学留学の場合は、基本的には現地で働くことが出来ませんので、事前に滞在期間中にかかる全ての費用を用意しなければなりません。

その際にかかる一般的な費用としては、「航空券」「ビザ申請費(必要に応じて)」「海外留学保険料」「入学金」「授業料」「滞在費(ホームステイや寮などの費用や食費など)」「娯楽費」などです。

ワーホリの場合には、極端に言うと「航空券」「ビザ申請費」「海外留学保険料」さえ用意出来れば、現地ですぐに仕事を見つけて生活費を稼ぐということが出来ます。
(もちろん、すぐに仕事が見つからない場合もありますので、実際には数カ月分の滞在費は余裕を持って行かれることをお勧めします。)

このように、事前に用意する資金については、短期であっても語学留学の方が高くなる傾向にあります。

2.目的の違い

語学留学については「語学を学ぶ」という明確な目的があり、滞在期間中は勉強することだけに集中することになると思います。

ワーホリに行く目的は人によって様々であり、「語学を学ぶ」というだけではなく「海外で働く」「異文化に触れる」「旅行をする」など、海外で生活を送るということ自体に重点を置いている場合が多いです。

3.ビザの違い

語学留学では、期間と国によって異なりますが、必要な場合には「学生ビザ」を取得することになります。
こちらは、特に制限などはなく、何歳になっても何度でも取得することが出来ます。

原則、働くことは出来ませんが、決められた時間内であれば、学生ビザでアルバイトをすることが出来る国もあります。

ワーホリの場合には、18歳~30歳までの年齢制限があり1つの国に対して1回のみの取得となります。

また、期間は協定で定められた期間となっており、ほとんどの国が1年間となっており、国によっては、決められた期間のみ延長できる場合があります。

こちらのビザは、観光、就学、就労を自由に行うことが出来ますが、就労に関して国によっては同じオーナーの元で働ける期間が決められている場合もあります。

結局ワーキングホリデーと短期語学留学どっちが良いの?

さて、ワーホリと短期語学留学の違いについて見てきましたが、違いを知れば知るほどどちらがよいかわからなくなってきた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ですが、どちらが良いか?ということに関しては、“海外に行く目的が何か”によって異なるので、一概にどちらが良いとは言えません。

そこで、それぞれにお勧めのケースについてご紹介させていただきたいと思います。

とにかく語学を身に付けたい!そんな方は短期語学留学

語学力を身に付けたい方は、やはり短期でも語学留学がお勧めです。

語学学校は、語学を習得することに特化したカリキュラムが組まれていますので、その気になれば短期であってもしっかりと身に付けることが出来ます。

もちろん、ワーホリ期間の数カ月を語学学校に通うという方法もありますが、その国で過ごせる限られた時間の中で、学生ビザや観光ビザでも出来る語学留学をしてしまうのは、少々もったいないかと思います。

ワーホリは30歳までしか行けませんが、語学留学は何歳になっても、何度でも行くことが出来ますので、その辺を考慮すると、語学習得をしたいなら、語学留学を選択されるのがお勧めです。

また、語学留学に行く際には、短期でも長期でも明確な目標をしっかり持って行かなければ、語学が身につくことはありません。

その目標に向かって今何が出来るのかを常に考えながら、有意義な語学留学にしましょう。

お金はないけど海外で生活をしてみたい!そんな方はワーキングホリデー

ワーキングホリデービザは、滞在中は自由に何でも出来る夢のようなビザです。

“お金はないけど海外で生活をしてみたい”という方にとって、海外で働くことが出来るワーホリなら、航空券や現地でしばらく過ごせる資金さえ用意出来れば、生活費は現地で稼ぐことが出来ます。

仕事は様々ありますが、日本食レストランであれば、比較的英語力(語学力)がなくても働くことが出来ます。
さらに、オーストラリアやニュージーランドなどで多いのは、ファーム(農場)で作物を収穫するピッキングと呼ばれる仕事では、ファームステイと言って住み込みで働くことが出来るので、無料もしくは格安で滞在しながら、お金を稼ぐことも出来ます。

その他にも、バックパッカーズホテル(バッパー)などでクリーナーなどをする代わりに無料で滞在することが出来る(Wi-Fiや食事などが付いている場合もあります)ので、かなりギリギリの資金でもなんとかやっていくことが出来ます。

さらに、ワーホリをする人の多くは、「ラウンド」と言って現地で車を安く購入したりして、その国をゆっくり旅するという方も多いです。

現地の人たちと触れ合うことが出来たり、その国の観光地を自由に回ることが出来るので、異文化を直に感じることが出来ます。

お金が無くなったらその辺で数カ月働いて、またラウンドをするというようなことが出来るのもワーホリの魅力です。
また、このようなことからワーホリ受入国は比較的短期間だけ働くことについても寛容なので、日本では出来ないような体験がたくさん出来ます。

ちなみにワーホリで訪れて、その国にもっと滞在したくなった場合には、ワーホリビザが切れて一度帰国してから、学生ビザで語学学校や大学、専門学校などに通いながら滞在し、仕事を探しワークビザを取るという方もいます。

それ以外にも、ワーホリ期間中の雇い主がワークビザを申請してくれて、その後も滞在し続けるという方も多くいらっしゃいます。

このように、異文化に触れ、現地の人と交流し、海外での生活を楽しみたいという方にはワーホリがお勧めです。

語学力はないけどワーキングホリデーに行きたい!そんな方は短期留学+ワーホリ

英語は話せないけどワーホリには行きたい…と言う方は結構いらっしゃいます。

そのような方の多くは、ワーホリに行く前に、短期の語学留学をされています。
留学先としては、「フィリピンで短期語学留学(3ヵ月程度)→オーストラリアでワーホリ」というパターンが最もポピュラーです。

これは、フィリピンは格安語学留学先としても有名なように、他の国と比べてもその費用が安いからです。

また、マンツーマンレッスンが多く、短期間でも英語が身につきやすい環境作りが整っていることも人気の秘密です。
さらに3ヵ月という期間は、耳が英語に慣れて、全く英語を話せなかった方でも簡単な日常会話程度は出来るようになる期間の目安でもあり、多くの方がこの期間での留学をされています。
そして、そこで自信を付けて、オーストラリアでいざ実践!という訳です。

もちろん、語学留学をしないで、直接ワーホリに行っても良いのですが、やはり英語を話せるのと話せないのとでは、現地での過ごし方が変わってきます。

例えば仕事にしても、英語が話せた方が見つけやすいですし、現地の企業で働くなんてことも出来、現地の人と一緒に働くことで、嫌でも英語力が身につきます。

また、日本食レストランであっても、やはりお客様は外国人ですので、聞き取れなければ仕事にならないこともあります。

3ヵ月でペラペラになるということはありませんが、英語が耳に入ってくるようになったり、それに対する受け答えは出来るようになるはずです。

特に、「ワーホリに行く」という目標がしっかりしているので、それが学ぶ活力にもなります。
ですので、あまり英語が出来ないという方は、語学留学をしてからワーホリに行くという方法がお勧めです。

まとめ

さて、今回はワーキングホリデーと短期語学留学の違いとどちらが良いのか?ということについてご紹介させていただきました。

皆さんが海外に行きたい目的をはっきりさせて、それを達成できるぴったりの方法を選択してみましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA