セブ島に留学したら一度はやりたいアクティビティ10選

トップ画像

セブ島に留学してしっかり勉強に打ち込むのも良いですが、たまには息抜きも必要です。
せっかくの海外留学なのですから、セブ島ならではのリゾートを満喫してみるのも良いでしょう。
そこで、セブ島を訪れたら一度は体験しておきたいアクティビティをご紹介します。

セブ島留学したら一度はやりたいアクティビティ

ジンベイザメウォッチングツアー

ジンベイザメ

セブ島の代名詞ともなっているのがビーチリゾートです。
世界でも指折りの透明度を誇る美しい海とサンゴ礁に囲まれた自然環境は絶景で、南国のパラダイスという表現がぴったりです。
日本ではお目にかかれない熱帯魚など、自然の生き物と身近に触れ合えるのもセブ島の魅力と言えるでしょう。

そんなセブ島で人気を集めているのが、ジンベイザメウォッチングツアーです。
セブ島では全長12mを超える世界最大級の魚類であるジンベイザメを目のあたりにできます。
海の中では20匹以上のジンベイザメが集まってくることもあり、南国ならではの壮大な景観を味わえます。
また、セブ島のジンベイザメウォッチングツアーは、ジンベイザメと一緒に泳げることが魅力です。
エメラルドグリーンの海の中をジンベイザメと共に泳ぐのは貴重な体験になり、心に残る思い出となるでしょう。
セブ島に留学したらビーチリゾートは欠かせませんので、ぜひジンベイザメウォッチングツアーに参加してみてください。

アイランドピクニック

アイランドピクニック画像

セブ島からちょっと離れてのんびり過ごしたいなら、アイランドピクニックがおすすめです。
アイランドピクニックは沖合に浮かぶ小島へ出掛けるアクティビティで、豊富な自然が残る中でのピクニックが楽しめます。
サンゴの海洋保護区ともなっている小島なので、人工的な建造物などは無く未開の自然環境を堪能できるのも人気の秘訣です。

アイランドピクニックではシュノーケリングやダイビングのプランがあり、美しいサンゴ礁を身近に触れ合えます。
シュノーケリングやダイビングは内海で浅瀬になっている部分で行われるため、波が穏やかで安全に楽しめます。
そのため、小さいお子さんがいても安心ですから、親子留学の際のアクティビティに選んでみるのも良いでしょう。

昼間はバーベキューやフルーツなど、南国の味わいを満喫できます。
白い砂浜で行うバーベキューは開放感とともに、非日常的な楽しみを演出してくれます。

セブ市内からの送迎もあるうえに、持ち物も水着一式だけで済む手軽さもポイントです。
勉強の息抜きにもぴったりなので、バカンス気分でアイランドピクニックを堪能してみましょう。

ライセンスがなくても楽しめる体験ダイビング

ダイビング画像

セブ島のアクティビティで定番とも言えるのがダイビングです。
美しい海の中を遊泳するダイビングは、セブ島ならではの醍醐味を体験できます。

この魅力を多くの人に伝えるために、セブ島では体験ダイビングが行われています。
体験ダイビングではプロのダイバーがサポートしてくれるため、ライセンスが無くても安全にダイビングが楽しめます。

スケジュールにはビデオや教材の講習から、浅瀬での練習時間も含まれています。
器材の使用方法も説明してくれますので、ダイビング初心者の方でも安心です。

実際のダイビングポイントは安全面に配慮されたところを選んでいるため、事故の心配などもありません。
ダイビング中もプロのダイバーが付き添ってくれますから、伸び伸びと海中探検を楽しめるでしょう。

セブ島の美しい海と熱帯の生き物達と触れ合える体験ダイビングで、勉強の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

秘境ボホール島観光ツアー

ボホール島画像

セブ島に留学した際には、自然の神秘を体験できる秘境ボホール島観光ツアーに参加してみましょう。
ボホール島はアジア圏でも屈指の秘境として知られており、多くの観光客が訪れています。

世界最小と言われているメガネザルの保護区でもあり、間近にメガネザルを眺められることが人気の秘訣です。
また、1000以上の丘が並んでいるチョコレートヒルズも、ボホール島ツアーでは欠かせない観光スポットです。
この他にも川下りや遊覧飛行など、リゾート感溢れるアクティビティが揃っています。

セブ島から離れて神秘的な自然の恵みと触れ合えますので、勉強の合間に足を運んでみましょう。

セブ市内観光

セブ市観光

セブ島に短期留学で滞在期間が限られている人には、半日~1日でセブ市内の観光スポットを効率的に回れるツアーがおすすめです。
冒険家のマゼランが立てたと言われる「マゼランクロス」やセブ市内で最も古い「サントニーニョ教会」、セブ港を海賊から守るために作られた「フォート・サン・ペドロ要塞」など、セブ市内の見どころを楽しめます。

1日プランで観光ツアーに参加すれば、昼食はフィリピン料理がセットになっているので現地ならではの味わいも満喫できます。
また、セブ市内最大級のショッピングモール「シューマート」に立ち寄るプランなら、お土産選びなどのショッピングも可能です。

観光ツアーに参加してセブ島のハイライトを堪能してみましょう。

セレブ感満載のスパ

スパ画像

セブ島などの南国リゾートで欠かせないのがゴージャスなスパです。
日本とは違った解放的な雰囲気のスパでは心身ともにリラックスできるので、格別のヒーリング効果が得られます。
さらに極上のサービスを備えつつ、日本よりリーズナブルな値段になっているのも人気の秘訣です。

セブ島にはホテル内で運営されているスパが多く、高級感溢れた環境でエステコースが受けられます。
日本語の分かるスタッフが揃っているスパがほとんどですので、自分の希望するコースやマッサージを伝えやすいのも魅力です。
エステ内容もバリエーション豊かで、アンチエイジングからネイルまで幅広いニーズに応えてくれます。

時間を忘れてしまうようなセレブ感溢れるスパで、極上のひと時を過ごしてみましょう。

フライボードで空を飛ぶ!

フライボード画像

最新のマリンスポーツを体験したいなら、フライボードがおすすめです。
フライボードとは水圧を使って空を飛ぶ新感覚のマリンスポーツで、セブ島などのビーチリゾートで人気を集めています。
空に浮きあがるだけではなく、バランスを上手く取れれば空中を飛び回ることもできます。

セブ島のフライボードは美しい海の上を駆け巡るので、イルカやトビウオのような気分で楽しめます。
女性でも簡単に楽しめるため、幅広いユーザーから好評です。

新しいスポーツに挑戦したい人にもぴったりなので、セブ島に留学した際にはフライボードを体験してみると良いでしょう。

免許がなくても楽しめるジェットスキー

ジェットスキー

ビーチリゾートで爽快感を味わいたいならジェットスキーが一押しです。
水上バイクのようなジェットスキーで美しい海を走り回るのは、言葉にできない楽しみが得られます。

基本的にジェットスキーの運転には船舶免許が必要ですが、セブ島では船舶免許が無い人でも楽しめるジェットスキーツアーが用意されています。
広いプライベートビーチをある程度自由に走れるので、他のリゾート地とは違った醍醐味があります。
運転も簡単で安全面にも優れていますから、年代を問わずに参加できるのもポイントです。
2人乗りのジェットスキーなら子どもと一緒に参加できるので、親子連れのアクティビティとしても最適です。

セブ島のビーチを思いっきり楽しむためにも、留学の際にはジェットスキーツアーを検討してみてください。

優雅に空を泳ぐパラセーリング

パラセーリング画像

セブ島のリゾートを満喫したいならパラセーリングは外せません。
広くて美しい海を空から眺められる楽しみは、ビーチリゾートの王道とも言えます。

パラセーリングは走っているボートから空に向けて飛び立ち、空中遊泳を楽しんでからボートに帰ってくるマリンスポーツです。
インストラクターが付いているので安全面にも問題なく、初心者でも不安なく空中遊泳が満喫できます。
パラセーリングの高さや時間も自由に選べるため、何度か体験している人なら高度を上げてみるのも良いでしょう。

日本ではなかなか体験できないマリンスポーツですから、セブ島を訪れた際には是非とも味わっておきたいアクティビティです。
留学の際でも勉強ばかりではなく、ちょっとした息抜きにパラセーリングの空中遊泳にチャレンジしてみましょう。

泳がなくても安心!海底を歩くヘルメットダイビング

ヘルメットダイビング画像

泳ぎは苦手だけどビーチリゾートを楽しみたい、という人にはヘルメットダイビングがおすすめです。
ヘルメットダイビングとはシーウォーカーとも呼ばれており、海底を歩いて魚や生き物との触れ合いを楽しむアクティビティです。

海底散歩の際には呼吸用のヘルメットと専用スーツを着用するので、泳ぐのが苦手な人でも海の中で困ることはありません。
ヘルメットは頭からすっぽり被れる大きさで、メイクや髪形が乱れないのも特徴です。

セブ島のヘルメットダイビングでは、サンゴ礁の海域を散歩できるので普段は目にできない荘厳な光景を間近にできます。
色鮮やかな熱帯魚とも触れ合えるため、海の住人になったような非日常的な雰囲気が堪能できます。

泳ぐのが苦手だとビーチリゾートに積極的になれないかもしれませんが、ヘルメットダイビングなら安全に海中散歩が楽しめます。
セブ島に留学した際は一度は味わっておきたいアクティビティなので、スケジュールの都合を合わせて参加してみましょう。

まとめ

短期留学など限られた期間だとしても、せっかくのセブ島なのですから勉強ばかりではもったいなくなってしまいます。
勉強する時間と遊ぶ時間のメリハリをきちんとつけて、効率的にセブ島での時間を過ごすようにすれば、程よい息抜きになって勉強の効率もアップするでしょう。

特にセブ島はアクティビティが豊富に揃っており、日本では体験できないものばかりです。
雄大な自然や美しい海だけではなく、セブ島の文化や歴史にも触れることができます。

また、「遊びながら学ぶ」というスケジュールが組めるのも、リゾート地であるセブ島に留学するメリットのひとつです。
本格的な語学留学として勉強に打ち込むのも悪くありませんが、セブ島のリゾートを堪能することは日本で得られない経験ともなります。

セブ島留学ではバランス良く遊びと勉強を取り入れて、一生の思い出になる素敵な時間を過ごしてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA